2020年8月
ドレッシング工場「ペスカ! フレーバ!」オープン

PIZZERIA PESCA!
雄一代表(株式会社HAWORD代表取締役)

ペスカの新しい味や文化を発信していきたい」

==2013 ペスカオープン==

2013年、群馬県前橋市にイタリアンレストラン「ピッツェリア・ペスカ」をオープンした。「ペスカ」はイタリア語で、「漁」と「桃」の意味。前橋市内の自宅(妻実家)がもともと桃農家だったこともあり、海産物をつかった料理を提供すること、そしてルーツを忘れないために「ペスカ」という店名に決めた

熊本県熊本市出身。熊本でパティシエとして腕を磨いたあとに服飾関係の事業を起こしたがうまく進まず、借金を抱えて群馬県へやってきた。親戚を頼っての悲しき旅だった。建築業に従事していたときに、家族ができた。働く背中を子供にみせるため、パティシエの仕事に戻り、県内レストランに転職した。

そのレストランで、群馬のパスタ・ピザ文化に出会。熊本時代、パティシエとして数多くの賞を受賞、国内最高峰の大会ジャパンケーキショーに九州代表としてエントリーし、入賞も果たした再び、料理の道を選ぶとパティシエの腕を磨きながら、パスタ・ピザの世界に没頭していく。そして独立する形で「ピッツェリア・ペスカ」を開店した。企業理念は「Happinessハピネス)」とした

熊本時代に一度、事業で失敗しているので起業の難しさや借金の怖さは知っていました。それでも自分のお店を持ちたかったのです。多くの借金を抱えてまで、なぜお店を持ちたいのかを深く考えていくと、自分自身が幸せになりたいということがわかりました。それはお金などの問題ではなく、やりたいことを追求することが、自分にとって一番の幸せだったのです。そのハピネスをお客様やスタッフに届けることが自分の役割だと思いました」

ハピネスを提供するペスカは、地域から愛される場となった。

==2017年 前橋駅前に2号店開

忘れられない日がある。2016年4月の熊本地震の出来事だ。震度6強の地震が2度に渡って発生し、熊本の街を襲った。故郷の惨状をニュースで観ると、居ても立ってもいられなくなった。店舗やSNSを通じて支援物資の寄付を呼びかけると、翌日の夜、荷台いっぱい集まった多くの物資とともに熊本へトラックを走らせた。一人でハンドルを握るつもりだったが、起業家仲間が助手席に乗ってくれた。片道18時間の道のりだった。

お店をオープンして以降、お客様から多くの感動をいだだいてきました。その中で、故郷の熊本で震災が起きました。私の勝手な呼びかけに対して、多くのお客様や友人・知人が協力してくれて、トラックがあっという間にいっぱいになりました。約20年前、熊本から群馬に出てきたときは知り合いが一人もいない状況でしたが、ペスカを通じて多くの方々と知り合い、多くの支援物資を提供してもらいました。震災支援に協力してもらっただけではなく、逆にトラックいっぱいの感動と感謝をいただきました」

地域の人々に支えられていることを理解したことで、地域への愛着は増した。県外出身のため群馬を客観的に見ることができた。その中で故郷から家族や知人を招くたびに、前橋駅前の閑散とした様子に一抹の寂しさを感じていた。そして2017年、JR前橋駅南口に「ピッツェリア・ペスカ」2号店をオープンした。ロータリに面したオープンテラス併設の本格的なイタリアンレストランだ。

「県庁所在地の前橋駅は、群馬県の玄関だと思います県外・市外の方から『駅前が寂しいね』と言われて、いつも悲しい気持ちになっていました。そんなときに駅の関係者から店舗のお話をいただき、群馬県民、前橋市民として微力ですがなんとかしたいと思いました。玄関口でお店ができることを光栄に感じました

「ピッツェリア・ペスカ」2号店は前橋駅前で多くの人たちを出迎え、パーティーや交流会の場として利用されている。

==2020年夏 ドレッシングファクトリー完成==

1号店、2号店に多くの人たちが訪れていた中での2020年4月、新型コロナウイルス感染拡大により、「ピッツェリア・ペスカ」は4月中旬から5月中旬まで休業。1号店駐車場でドライブスルーテイクアウト販売を開始した。パスタのテイクアウトとともに、オリジナルドレッシングの販売数も著しく伸びていった。

「ピッツェリア・ペスカ」では4年前からオリジナルドレッシングの販売を開始。1号店・店舗前には、全国的にも珍しいドレッシングの自動販売機を設置している。2019年に、テレビ東京の番組で紹介されると、県内をはじめ首都圏からドレッシングを求めるファンが殺到。それを契機に、県内スーパーでの取り扱いも始まった。そして今春のコロナ禍で、家庭で「ピッツェリア・ペスカ」の味が楽しめるオリジナルドレッシングの需要が高まったのだった。

「ペスカドレッシングは、群馬県産のニンジンとタマネギを使ったシンプルなオーガニック野菜そのものです。素材の味をそのまま生かしたドレッシングで、一本一本に心を込めてつくっていますサラダのドレッシングだけではなく、料理のソースや料理のアクセントとしても使っていただいていると聞いています。各家庭でドレッシングという枠を越えて楽しんでくれることがうれしいです。お客様に育ててもらっている商品だと思います

現在、ペスカドレッシングの販売取り扱いは県内スーパーなど30店舗。2020年夏、ドレッシングファクトリー「ペスカフレーバ」が完成。本格的な生産に取り組みながら、インターネット販売もスタートする。工場オープン記念として、全国初のドレッシングドライブスルー自動販売機も開発している。

「ドレッシングファクトリー『ペスカフレーバ』から、ペスカの新しい味や文化を発信していきます。ペスカの風味(フレーバ)を多くの人に味わってほしいと思います」

ペスカフレーバ!」は、食のカルチャー発信基地となる。

PESCA! HISTORY

2013年 群馬県前橋市六供町に「ピッツェリア・ペスカ」オープン
2016年 群馬ベンチャーサミット優秀賞
2016年 群馬イノベーションアワードファイナリスト
2017年 JR前橋駅前に「ピッツェリア・ペスカ」2号店を開店
2017年 オリジナルドレッシング販売開始
2018年 群馬県優良企業表彰受賞
2019年 キング・オブ・ピザ前橋グランプリ獲得
2019年 前橋市産業振興・社会貢献優良企業選定
2020年 群馬県前橋市上佐鳥町にドレッシングファクトリーオープン